名称 アリモウミウシ
観察できる海域
船越 紫津浦 壁岩 三つ子岩 相島
科名 アオモウミウシ科
観察 冬〜初夏
   ジュズ藻類に群れてつくことが多く,冬から春にかけて大量発生します。春の個体はサイズが大きくなりますが,ジュズ藻についているためユラユラして写真にぱとっても撮りずらいやっかいな種でもあります。

photo by TAKASHI